COOにならなかった理由

掲題の件、ずっと書かなきゃなーと思いながらついついまとめられずに引き延ばしてしまった。完全には答えが出ないのだけど、どこかで棚卸をしておかないと第二第三の悲劇?が起きそうなので、そろそろ書いてみる。

この一年の間に二社から、COO的なポジションでやってくれませんか、というお話をいただき、結局二社とも断った。それ以外にもちょこちょこ現地社長的なポジションやりませんか、とか、もっとざっくばらんに見知らぬ会社のCOOとか興味ありませんか?というお話をいただくこともある。大手IT企業に転職したMBAホルダーたちは、数年たってLinkedIn経由でヘッドハンティングのお知らせちょこちょこ来るよーなどと言うのだが、あいにく私はほとんどそんなものを受けることはない。同じIT系でも私の取っている道は微妙に違うのだろう。でもヘッドハンターには好かれないけど、起業家や投資家さん経由ではこういうお話をまれにいただく。それはありがたいことのような気がするし、自分が選んできた方向性のような気もする。

COOというのは正直自分ではいい落としどころかなーと思っていた。私の履歴書は言いようもなく汚く散らかっており、営業としてもプロダクト開発としても中途半端。別にエンジニアでもデザイナーでもないし、それになる気もないし。営業4年と開発ディレクションもどき4年っていうと、もう端と端すぎて目をしかめるしかない。(あげく最初のキャリアが花屋で色々説明が面倒)一応MBAもっているんですが・・・・。こういうバラバラな経験が唯一重宝されるのがCOO。営業の話もできる、開発の話もできる、ストラテジーの話もできる、一応会計やファイナンスも全く意味不明ではなく、自分で会社とかも作ってきたので税務や法務とかの細かい業務もないがしろにしない。ここにx海外、特にx発展途上国という要素が入ってくると、なかなかいない。(ちょっと話がずれるが、個々の経験が重要なのではなく、結局CEOであれCOOであれ求められるのはそういう異なる人たちをつなぐコミュニケーション力なのだと思う。少なくとも私がやるならそういうものをないがしろにしない人になりたい。)

なんだけど、結局私はそういうCOOオファーを断ってしまった。なんでなんだろう。

一言浮かぶのは”Simply because I’m not ready yet.”ということだ。自分より最適な人材は少ない、と思う一方で、私は自分がCOOという役割に耐えられる気がしない。多分私はがんばってCOOをやるだろう。けれどもそのとき、例えば出張が多くなったり、あるいは住む場所が変わったり、好き勝手に旅に行けなくなったり、いつでもモバイルを握りしめていなければならなくなったりするだろう。泳ぐ時間も走る時間も料理する時間もピアノを弾く時間も減るだろう。よしんばそういうものを全部キープしたとしても、それをキープしている自分がどこか100%一生懸命できていないのではと罪悪感を感じるだろう。もっと速く進まなければだめだ、と思う気持ちと、みんなにわかってもらって一人ひとりが考えて動けるようになってほしい、という気持ちはぶつかるだろう。そしてそのとき、焦りや苛立ち、自分がまちがっているのではないかという不安、自分がみんなに受け入れられていないのではないかという恐怖、だからこそ自分が正しいと証明したい征服欲のようなもの、そういうものに自分がまみれて冷静さを失い暴言を吐いていくだろう。

私はそういうものに耐えられるほど強くない。一生そう強くはならないのかもしれないし、いつかなるのかもしれないし、それはやってみないとそういう世界には行けないのかもしれないし、あるいはそんな思いをしてまでそういう世界に行きたいとは思っていないのかもしれない。

今の時点で、それ以上にクリアな答えはないのだけど、幸いなことにお断りした会社からは、それでも手伝ってほしいという合意を得て、いつも通り業務委託として手伝っていたりする。何ができるのかはわからないけれども、ポジションを取ったらできなかったことを色々実験しながら、会社に貢献しつつ、自分が楽に呼吸をしていける仕事の仕方を見つけられればいいなと思う。

ところで話が飛んでしまうのだけど、知人のビール好き(ビールクズ)な人たちと飲んでいたときに、ビールの淹れ方には「香りをふわっと広げる」「香りを閉じ込める」の二つの異なる方法があるという話になった。なんのこっちゃなのだけれども、私がトライしようとしているのはもしかすると「香りを閉じ込める」淹れ方なのかもしれない、とふと思った。

本当に強いて言えば、キャリア的にまだやってみたいこと、というのは、もう少し日本から外れたい、発展市場のアジアというベースは失いたくない(無駄な中国語力とかも含め・・・)、引き続きテクノロジーと言うものとは向き合っていたい、そんなところなのではないかな、と思う。そういうものにはアンテナを張りつつ、しばらくはこの状態を無事継続することに注力している次第だ。

Advertisements

自律神経の続き

一つ前の記事で自律神経の調子が悪いのではないか?ということを書いたのだけど、いくつか本を読んだり調べているうちに、自律神経のバランスが悪い人は「いびき」をかきやすいと知った。なんでもいびきというのは結構呼吸に負担がかかるらしく、いびきをしている=夜の寝ている時間に交感神経を使わざるを得ない=全然休まらない=朝ダメ人間、みたいなことがあるらしい(単純に言うと)。どんなに仕事の手を抜いてもどこか疲れている。もしや・・・・??

そこで昔ちょっとだけ使っていた睡眠アプリのSleep cycleといびき録音アプリのSnoreLabを導入してみた。Sleep cycleでもいびきの計測はできるんだけど課金しないと聞けないのでSnoreLabと併用。SnoreLabはいびきの音量の計測(一晩の何時にどのくらいの音量でみたいなグラフが出てくる)と録音(いくつかサンプリングしてくれる)のためのアプリ、Sleep cycleはレム睡眠・ノンレム睡眠状態みたいなのを判別してくれるアプリで、世の中便利になったもんだな・・・・と思ったはつかぬま。

うちには夜になると豚がいるの?

Continue reading

自律神経と相談したい

最近、ちょっと身体の調子が悪い気がする。と言っても、私はもともとが超健康優良児なので、大したことは全くないのだが、いくつかおかしなことが起きている。

  • アレルギー性鼻炎の症状が朝だけ止まらない(完全にここで言われるモーニングアタックというやつ)
  • 少量の酒で立ちくらみを起こすことがある(大丈夫な時は全然大丈夫)
  • 旅行から帰ってくると、大量の目やにを流す日がある(でも1日で止まる)。
  • 寝起きが大変悪い。だいたい1時間くらいはじっとしていないと身体が動かない。特に時差調整のためにメラトニンを飲むと完全に朝、金縛りになる。
  • もともと大変低血圧で、風邪ひいて病院に行ったら注意された。
IMG_2470-1
カメちゃん同士のおしゃべり

Continue reading

写真のこと

最近旅行の計画→久々にカメラ持っていくか→フルサイズ6D買っちゃおうぜ→あれSigmaのレンズが新しくなってる。が重い(spreadsheet作成比較)→やっぱボロAPC-Sでいいや→代わりに24mmのパンケーキレンズ買おう(これなら6D2が出て後で売ってもいいくらい安い)→ついでにRAW画像の編集とかも勉強しよう→最近のスマホではRAW画像が撮れる→アフリカの写真で練習(今ココ)って感じだ。まさに沼。

IMG_20170612_185109
ナイロビの夕日

Continue reading

いつまでも娘さんではいられませんよ

追記:たまたまこの数日剣道の面をもう一度かぶることという記事(なんと6年前)へのアクセスがあったのだけど、下記の話そこに出て来る上司から言われたことだ。読み返してそんな話をしたことはすっかり忘れていたけど、今自分が感じている感覚にちょっと近くて懐かしくなったので追記しておく。

<以下元の話>

今思うと、無茶苦茶セクハラで訴えられそうな発言であるが、ちょうど29か30歳くらいの頃、MBAへ行く前に「いつまでも娘さんでいけるわけじゃないからねぇ〜」と上司にボヤキ調で言われたことがある。どういう文脈で言われたのか覚えていないのだけど、この言葉であまりカチンと来るとかはなく、むしろ「あぁなるほど、確かに愛嬌でごまかせるのには限界があって、自分なりの仕事での価値、というのを相手に持ってもらわないとやっていけなくなるな」と素直に受け止め、実際あのタイミングでそう言ってもらってよかったな、と思う。

Continue reading

twitter見るのをやめた5日経過報告

twitterでの発言を控えようとしたことは今までも何回もあったのだけど、実は「見るのをやめよう」と思ったことは一度もなかった。キューバみたいにインターネット回線の状況で止むを得ず見えれないことはあったけど、たいていの場合発言はやめても見ていることが多い。でもなんか今回は「見る」こと自体が完全にストップした。別にいきなり消えて心配されようとか思ってないので経過報告をここに記す。

twitterにはお世話になってきたので、twitterここが良くないと今更非難するつもりはない。私の場合はtwitterで知り合った人はほとんどリアルでも知り合いなので、人間関係いいことも悪いこともある、ただそれだけのこと。恨みつらみは丑三つ時にこっそり藁人形でも打っておけばよい。それでもtwitterちょいやめてみるか、と思ったきっかけはちょっと本を読んでいて人間の情報処理能力は意外と小さい、という内容のことだった。

sdr
雨のビーチ、幻想的な水色

Continue reading

その一、挑戦すること

ビンタン島のトライアスロンのolympic distance、swim 1.5km+bike 40km+run 10kmを無事怪我もパンクもなく今年も完走できた。先月sprint distance(全部半分の距離)を完走したんだけど、半分と一っていうのはだいぶ違う。だって半分の倍ですよ。半分できればあとは終わったも同じ、っていう人いるけど、どう考えても半分を二回やるのと同じなわけですよ、しかも休みなしで。半分だと一つ一つはちょろい?けど、Olympic distanceだと一つ一つも結構辛いですね、という距離を3ついっぺんにやる、とは・・・?となる。去年ビギナーズラックで完走できたものの、相変わらず冷静にやろうと思うと途方もない距離だ。とにかく簡単じゃないの。

意外と綺麗なビンタンのビーチ。

Continue reading