写真のこと

最近旅行の計画→久々にカメラ持っていくか→フルサイズ6D買っちゃおうぜ→あれSigmaのレンズが新しくなってる。が重い(spreadsheet作成比較)→やっぱボロAPC-Sでいいや→代わりに24mmのパンケーキレンズ買おう(これなら6D2が出て後で売ってもいいくらい安い)→ついでにRAW画像の編集とかも勉強しよう→最近のスマホではRAW画像が撮れる→アフリカの写真で練習(今ココ)って感じだ。まさに沼。

IMG_20170612_185109
ナイロビの夕日

写真はもういっかなーと思っていて、まともに写真旅行をしたのは昨年のパキスタンが最後だった。昨年夏に行ったガーナ・コートジボワールの時はスマホだけで乗り切ったし、3ヶ月の働きながら旅する、も全部スマホだ。スマホは何と言っても持ち運びを心配する必要がない。カメラを構えてしまうと、「自分はよそ者です」と看板を立てて歩いているようなもので、もちろん犯罪の対象にもなり得るし、なんとなくその土地に溶け込みない気分になる。今もそれは同じだ。写真を撮って自慢しなくてもいいのも楽。カメラのない旅はいい。

そんなこんなで春先にCanon EF-S17-55mmF2.8と言う究極的便利な標準レンズとtamronの70-300mmを売ったところだった。結局一眼レフであえて撮る理由は私にとっては単焦点しかなくて、手元にはsigma30mmF1.4とTamron90mmF2.8Macroだけが残った。17-55mm持っていても旅行に30mm一本で行ってしまうのだからしょうがない。70-300mmは野鳥撮影が好きな人に影響されて買ったんだけど、結局自分が本当に好きじゃないものはいつか離れていくんだな、と売りながら妙に納得した。

でも同時に、なぜか写真は自分の手元に戻ってきた。

cof
元の写真
cof
私が感じていた風景
dav
元の写真
IMG_20170611_102744
いかにもっぽく加工してみた(別に好みではない)
IMG_2456.jpg
これは一眼で撮ったのを加工(モンポスのピアス)

なんで今更戻ってきたのかはよくわからないし、カメラ持っていくと荷物重くなるから嫌なんだよなー、いかにも自己中心的な旅人っぽくてイヤだなーとかあるのだけど、多分何か脳みそで考えるのでなくて、見えている世界とは違うものをファインダーから見つけるような、そんな世界を作るような、そんな欲求があるのかもしれない。まぁどんなにカメラ持ち歩くのダサいとか、そんなの雄大な風景とって見せびらかしたいだけじゃ?って言われても自分にとって楽しいことは手元に返ってくるんだろう。

各方面に旅に行くにあたって、「今回は旅に集中しようと思って」というとんでもない理由で、仕事を休ませていただくことにしたのだけど(もちろんもはや正社員の特権有給休暇なんてないから無給だ)よくその理由で行くよな〜とも思い、よくそれを周りが認めてくれるよなぁ〜とも思う(いや後からクビになるかもしれんが)。

さてどこへ行こうか、それはまたのお楽しみ。

Advertisements

Leave your comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s