鬱病は治すべきものなのか

アムステルダムにいる。日中これでもか!というくらいの青空が広がり、秋の日差しの温かさを感じたかと思うと、急に土砂降りが降ってずぶ濡れになり身体が凍り付く。そして今度は雲間に虹が現れる。すっかり風邪などひいたことのない健康優良児に転化していた私であったが、2日間連続で走っている最中に雨にあたり、「これもしかして風邪では?」とぼんやりする頭、痛む関節、止まらない鼻水、のどのイガイガ・・・・なつかしすぎる。

ヨーロッパは太陽の角度が低く、影が長い。雨に濡れた道路が乱反射し、長く影が伸びる。シンガポールでは太陽は光ではない、熱だ。でもまぶしいとは思うことは少ない。ここでは反対だ。

Continue reading “鬱病は治すべきものなのか”

Advertisements