明日パキスタンに行くね

明日パキスタンに行く。久々の「行ったことのない国」への旅行だ。実にIMD留学以来の行ったことのない国。近年自分の旅が、「知っている国をもっと知る」にシフトしていたのもあるけれども、それにしても長いこと本当に知らない国・文化圏には行っていない。

パキスタンに行くきっかけになったのは、Tomoko Matsukawaさんの「自分から遠い存在のようでいて近いもの」という記事である。

松川さんと私の出会いは割愛するとして(笑)、この記事を読んで

「行こっか」

と一瞬で思った。たまたまネパール旅行中に出会った友達が「GWにパキスタンに行こうと思っていて」と言っていたのだけど、話を聞いていても「いやいやパキはええわ、さすがに危なさそうだし、もうそういうの挑戦するの疲れたし」と正直思っていた。

でも、「逆境だと認識することすらない」(そして認識した瞬間にそれは大きな苦しみに変わる)人たちのことを思った時に、それはやっぱりとても自分にとって近い人たちなのだろう(たとえ我々が生活に不便のない国で育っていたとしても)と感じた。どれほどその遠さを強調しても、それでも共感を覚えるということは、とても近くのほんの道の曲がり角のようなところにいる存在なのだと思う。

もちろん国を知る方法は沢山ある。正直行かなくてもいいし、というか行くだけでは何もわからないことも多い。

けれどもその曲がり角を曲がったら、自分と同じ人たちがいるのでは?

こうして文章にしていてもうまく書けない。簡単に言うと「見捨てるべきじゃない」と思ったし、足を運んでそこで見てこよう、という自分なりの正義感みたいなものかなと思う。現在は悲惨な状況に追いやられているシリアで、「あぁここでもみんな生きているんだな」という感情を抱いたのも大きいかもしれない。

最近よく思うのだけど、テクノロジーは世界を変えないよ。人が変わらない限り。そして、それはこの世から無関心というどろーんとしたものを少しずつwipe outして、「知りたい」という気持ちのスペースを作っていくことなんじゃないかな、と思ったりしている。

とはいえ、いかんせんパキスタン情報が少ない。地球の歩き方も08年でストップしているらしく、カラコルムハイウェイは昨今大雨で土砂崩れ通行止めだとか。そもそもテロありすぎるし。正直怖い。今回ばかりは慎重に安全第一で行動したい。心配性すぎるのかもしれないけど、無事を祈っていてください。

IMG_20160427_205847
雨上がりのシンガポール。ここにいる自分を少しだけ誇りに思えるそんな場所。ここに帰ってこれるからやっと外に行けるのかもしれない。
Advertisements

トライアスロン

最近トライアスロンにはまりはじめた。目下のところこんな感じ。

2月:アクアスロン(Swim 750m +Run 5km )Done

3月:デュアスロン(Run 3km + Bike 20km +Run 3km)Done

4月:トライアスロンのハーフ版(Swin 750m + Bike 20km +Run 5km)

5月:Bintan triathlonのオリンピックディスタンス(swim 1.5km, Bike 40km, run 10km)

ハーフマラソンは今まで何回か出ているんだけど、とは言え年に1-2回出れば十分満足だったんだけど、なんなのこのトライアスロンへの情熱は。。。

けど、トライアスロンはおもしろい。

Jpeg
モクレン

Continue reading “トライアスロン”