2015年前半を振り返る

と言っておきながら2014年と書きそうになったが、2015年も半分が過ぎてしまった。

信じられるかあああ

というところであるが、まぁ真実であり、こうしてあと「新年明けましておめでとうございます!」って言っていたときから今日までの年月を過ぎると、2016年になるわけである。

どうでもいいけど、この前半は振り返りたくないくらい、なんか動乱の日々であった。神様は試練に耐えられる人にしか試練よこさないっていうけど、おまえいい加減人で遊んでんじゃねぇよ、と言いたいくらい試練だらけだったような気もするし、しかしてよくこれだけ何もしないで時間を過ごせたな、という気もする。おそらくどちらも真実であろう。

ただ。

おそらく私にとって2015年という年は、「雨のち晴れ」なんだろう。全く根拠はない。だけど、今年は必ず晴れる、という予感がする。この手の予感は、的中率尋常なく高いので、多分当たるんだろう。「晴れ」が何を意味するのかは全くわからず、それは私の今想像できる「晴れ」ではないかもしれないが、今年は「雨のち晴れ」になる。

全く関係ないが、最近某さんが薦めていた(というかつぶやいていた)「怒らないこと」(or解説記事)という本を読んでいる。宗教基本的に嫌いなので、まじめに読んだら確実に読む気なくなってしまうのだが、「胡散臭いカレー屋のインド人がしゃべりそうなもぢゃもぢゃした日本語での朗読」とか「まれに日本語をしゃべれますと少し嬉しそうに話しかけてくるインド人教授がしゃべりそうな講義」みたいなものを想像して読むと意外と悪くない。とはいえ、なんというか今年前半のまどマギでいうところのソウルジェムが濁るみたいな状態であり、感情的に怒っているわけではないが、この本で言うところの「怒り」にとらわれている状態を経たから、「あー、そうそう」みたいな気持ちで読めるものであり、その状態に陥っているときにはこういうものって響かないか、本質を避けて読んだ気になるだけで終わる気もする。

そんな雑な何も振り返っていない振り返りであるが、時間は前半も後半も何も関係なく平等に進んで行くのである。

ちくわちゃん

ちくわちゃんと会ってきた。おまえ何を浮かれているんだと思われるかもしれないが、ちくわちゃんは友人の飼っているネコである。私はネコ好きではあるが、基本的に動物なんでも好きなので、ネコのためになんでもするというタイプではない。(単純にネコは他の動物に比べてだるそうなので、写真を撮りやすいというのはある)

で、ちくわちゃんです。

IMG_0968

Continue reading

ジャングルジムの中

中学生の頃読んだ漫画に”Papa told me”という父子家庭を描いた、比較的ほんわかとした少女漫画があった。全部は読んでいないのだけど、その中で確か主人公の叔母という設定のキャリアの高い女性が、「私たちは青い空が見えているのにジャングルジムという檻の中でもがいている存在。」(でもジャングルジムは檻と違って必ず、自らの力で脱出できる出口はあって、そこには青い空が広がっているのだわ、みたいな)というようなことをつぶやく描写があった。わりと良作の漫画だと思う。

この描写、当時「良家の子女が集まる比較的自由な校風の女子校」に通っていた自分には、すごく印象が残るものがあって、ふと「あ、ここの作られた自由は本当の自由ではなくて、だから息苦しくて、それはジャングルジムみたいなものなのか。」と腹落ちした記憶がある。

Continue reading

受託案件をどうゲットしたか

先月〜今月頭にかけてこちゃこちゃとやっていた受託案件が、少し音沙汰がなくなっていて心配していたものの、無事クライアント様から数日後に入金されると思います〜、ありがとうございます〜、このへんまた質問させてください〜みたいな感じで良好に終わりほっとした。これは自分にとっては、シンガポールに来て以来初めて自分で営業して獲得した案件なので、小さな一歩でとても嬉しい。昨日飲んでしまったので、ご褒美にハーゲンダッツのアイスを食べている。

で、これは起業したから取ったというよりは、ほぼフリーランス的な案件でちょっとどういう風にゲットしたのかを書いてみる。
Continue reading

フラットなもの

2012年7月、あれは留学中の南アフリカ研修のときだったか、ドイツ人のフラットメートと今も仲がいいインド人女子と3人でヨハネスブルグのカフェでエスプレッソをすすっていたとき。

ドイツ人の彼女が、早口に、
「あ〜でもあなたはなんっていうの、ほらpease yourselfできるじゃない?peaseってそういう意味だっけ?なんっていうのこう落ち着いてフラットにできるのよ。あたしがドタバタしているのに、あなたはちょっと一人になってどこかへ行っていたかと思うと、落ち着いてそういう状態になってるの。」
言っていた。

peaseの意味は
1. to make peace between or reconcile
2. to bring (a war/a conflict) to an end, to settle, to calm or assuage (sorrow or violent feeling)
などなどっぽい。
Continue reading

そんな日

コードを書いて数日前から先に進めない。トライしているうちにさらによくわからない別のエラーがでる。テンポラリーになおせるけど毎回なおさなきゃいけない。そんなわけでコードより文字が書きたいのでブログを書く。そんな日もある。

#Singapore #city

A post shared by @wasnufkin on

Continue reading

シンガポールPRについての考え方

シンガポールのPR(永住権)を取りたいという人は多い。私もそのうちの一人だし、周囲にも「とりあえずPR取りたい」「PR取らないとやむをえない」みたいな人は結構多い。

でもこの間ちょっと全く関係ない人と話していて、

「え、なんでそんなにまでしてシンガポールのPR取りたいの?」

と聞かれ、

「なんでやろ?」

と改めて思ったので、ちょっと書いてみる。
Continue reading