フィリピン料理

私はわりとフィリピン料理好きである。もちろん世界で一番、というわけではないが、「わりと」おいしい。といっても、その味覚だいぶ他人とずれているかもで、職場では「いやフィリピン料理は・・・・」みたいに言われたので保証はしない。が、そもそもほとんどの人は「フィリピン料理って?」という感じではないだろうか。

基本的に一番多いのは米と豚肉だと思う。

Filipinofood

なんとなくこんな感じの(卵はそんなでもないけど)、肉わずか+ごはんたっぷり+全く野菜なし!みたいなのよく食べている印象ある。

で、思うが儘に自分の知っているフィリピン料理を上げてみた

Lechon

豚肉のから揚げ?とでもいえばよいだろうか。丸焼きのものもお祝いなどでは使われるらしい。はっきり言ってすこぶる脂っこい。けれども脂身とその豚肉の皮がテキトーにカリカリした感じはなんとも言えない。若干甘酸っぱい系のソースをかけてよくそのへんでも売ってる。

BBQ Chicken

ポークもなんだけど、基本的にBBQテイストのものにcalamansiという小さなスダチのようなものをちょっとかけて食べるようなものはそこらじゅうにある。どうでもいいんだけど、うまい。日本で言う手羽先的な存在。

Milk Fish

フィリピン名忘れてしまったけど、ほんとただの魚。フライと焼き魚の中間くらいの雰囲気でぼんとご飯と一緒に出される。たぶん日本でいうとイワシ的な庶民の魚なんだと思う。

milkfish

Sinigang

まさしくフィリピンを代表する?スープ。タマリンドベースの酸っぱいスープで、タイのトムヤムクンのような辛さはなく、ユニークなんだかマイルドなんだか微妙な位置づけ。(ベトナムにも似たものがあるが、フィリピンのほうがどろっとした感じ。)中には豚肉とかトマトとかなんか色々適当に入っている。(エビバージョンとかもあるっぽい)

Sisig

これもフィリピンでしか食べないが、フィリピンではどこにでもある感じの料理。
sisig

はっきり言って見た目が悪い。ひき肉みたいに見えるんだけど、たぶん豚肉の皮とかもうちょっとギトギトした部分(なんだかわからん)がごったに細切れに入っていて、食べていいんだか悪いんだかわからない。だいたい玉ねぎと炒めてあるっぽい。鉄板でぎゅうぎゅうに煮詰めた感じで、味はかなり濃くオイリー。やはりカラマンシをしぼってかける。少量+ごはんでどーぞ。

adobo

なんかギトギト煮込んだ茶色い煮物があったらだいたいAdoboなんとか。(肉・魚両方)Sisigほどの脂っこさはないが、まぁ味の濃いシチュー的な感じ。基本的にごはんと合うものがやっぱり多い印象。

Kare kare

これもよくわからない料理の代表。タイカレーがココナッツベースならば、こちらはピーナッツベースカレーってところだろうか(カレカレの名前の由来が何なのかはわからない)。白身魚とか肉とか色んなバージョンがある。辛くは全くない。正直何度食べてもおいしいのかまずいのかよくわからない。(好きな人もいる)

Chopsuey

安全パイの野菜炒め。まちがいなくもとは中華だと思う。しょうゆベースっぽい感じ。Kankongとかもそうだけど、失敗のない野菜料理。

Green mango + bagoong

タイのソムタム(グリーンパパイヤの辛いサラダ)に対抗する?としたらこれだろうか。フィリピンだとグリーンマンゴー(文字通り熟れる前のマンゴー)にバゴーンという謎のエビを煮詰めて塩辛にしたみたいなソースをつけて食べる。これも微妙に食べていいんだか悪いんだかわからないような強烈な香りを放ち、またかなり脂っこい。そこに酸味の強くシャリシャリっとしたグリーンマンゴーをつける。まぁ、まちがいなく嫌いな人にとっては罰ゲームのようなものかも。(ちなみにBagoongを使った料理は何個か他にもある。)

Pako salad

このへんになってくるとだいぶマニアック感出てくるが、好きなサラダ。結構頼むと「ない」と言われるのでシーズンものなのかも。

pako

ちょっと沖縄の海ブドウみたいな感じだが、若干苦みがあってどちらかというとテイストはゴーヤ的な野菜。トマトとかでシンプルなサラダに入っているとおいしい。

Garlic rice

え?ってくらいシンプルですがマスト。

Batchoy

あんまりマニラでは見ないなーと思ったら、どうも昔私が友達のいるIloiloでよく食べていただけっぽく、そこのヌードルのようだ。豚のレバーみたいなのが入っていて、味はチキンヌードル的な、また明らかに健康に悪そうな感が満載。

Caramansi juice

すでに上述何度か出てきている「カラマンシ」であるが、小さいスダチだかカボスだかみたいなので、どうも沖縄のシークヮーサーとほぼ一緒っぽい。このジュース、ソーダだったり、水を入れたり、だいたいシロップを入れたり、シェーク状になっていたり、はたまたホットのお湯割りだったりいろんなバージョンがある。

Cassava cake

イマイチ何が入っているのかよく知らないが、ねちょねちょっとした歯ごたえのケーキ。タピオカがケーキになったようないかにも南国テイストのスイーツ。

チーズパン

バターロールを一回り大きくしたようなパンの上に心もとない千切りのチーズとクリームっぽいものが乗っている。(エンサイマダと言うらしい。)何かとおやつ的な時に出てくる。ちなみにPan de Manilaというパン屋さんがマニラにはたくさんあり(Makatiだけかも)、菓子パンには困らない。

halo halo

ウベ(紫芋のあんこみたいなの)とパンダンなどのジェリーとココナッツの千切りと謎の豆などなどをかき氷の上に載せ、さらにココナッツミルクやらコンデンスミルクやら黒蜜やらなどっぽいのもをかける系のもの。いろんなバージョンがあるが、まぁかき氷あんみつフィリピン風といったところ。アイスカチャンとかと似ている。bukoなんとかとついているものはだいたいココナッツ系ので似たようなテイスト。

Ubeなんとか

これ、どうしても名前が思い出せず、Via mareというチェーン店のメニューの1枚目左側の中段にあるものなのだが、紫芋の餅状のものに、黒糖とココナッツの千切りそしてオプションでチーズをかけて食べるという謎の物体なのだが、おいしい。だいたい1回は夕飯をスキップしてこれだけ食べて満足する日がある。

自分でもよく名前がわからないものがあったので、調べながら書いていたら1時間近くたってしまった。暇人っぽいが、そんな感じで日曜の夜は過ぎていく。

Advertisements

Leave your comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s