石川トリップ 3-5日目

気づけば5日も石川県をふらふらしていた。

3日目には輪島に行き、4日目には珠洲という能登半島の先端に行き、5日目の今日金沢に戻ってきた。意味があったのかなかったのかわからないが、まぁ悪くない旅行だった。珍しくたくさん土産物を買った。といっても調味料とか、最近なくて困っている日常品なのだが、今までみたいに何かを買って帰っても荷物になる、と思わずにモノを買えるというのはいいことだと思った。同時にそういう旅は意外とお金もかかるもんだな、としみじみした。ニートが旅人になるとかいうのは、やはり無理に近い。

IMG_0331

Continue reading “石川トリップ 3-5日目”

Advertisements

石川トリップ 1日目

というわけで、今は金沢にいる。
昨日いつもの感じでいきなり新宿から夜行バスに乗り、朝は加賀温泉についた。山中温泉という松尾芭蕉ゆかりの温泉に直行して地元民のつかる温泉で身体をのばして、ふらふらして、金沢まで来た。

バスを降りたとき、雪景色だった。

IMG_0168
Continue reading “石川トリップ 1日目”

IMD MBA class of 2014の日本人ブログスタートしました

って、私が宣伝してどーするんだ、ってなもんですが、
IMDの日本人ブログ、今年もClass of 2014メンツがスタートしました。

IMD Japan Club

なんと今年は男子5人のIMD!

ちょっとIMDとか興味ない人もこの今のトップ投稿記事画像だけ見てやってください!
あいつらの雄姿を!!!
MBAって何やるところなのか!!これが真髄だ!!!!

と言える画像です(笑)

思えば2007・8・9と続いていた日本人ブログがなくなったものを、
class of 2012の私が(といっていいだろう・・・・)復活させ、
2013のコに無理やり「続けてくれぇ~」と頼み込んだら続けてもらい(超迷惑)、
ここに来て5人集まった男子どもがまた続けてくれると。なんていうか卒業生としてうれしい限りです。

私個人がどうこう言えないのですが、この5人、
かなりのツワモノだと思います。

というのもうちらの代は3人、去年は2人だったところ、今年は5人、しかもオール男性というのは、
IMDのようなDiversityをやたら気にする学校ではかなり珍しく、
本当に優秀だからこそ選び抜かれたやつらなんだろーなーと思います。

うち数名は、弊ブログを受験時からご閲読いただいておりましたり、
また説明会なんかでやりとりあった人なので、まぁ私個人としても卒業生として少しでも学校の優秀な人材の採用に貢献できたのではないか?と思いつつ、いやおまえが余計なブログ書かなきゃ避けない人もいたんじゃ?という気もしつつ、こうして今後も日本の優秀な人材が集まれるよう情報発信が続き、かつそういう人が集まるからこそ日本人のプレゼンスを学校の中で、転じて外へと高めていく、みたいなサイクルができるように。。。。。

5人に夢を託した!(老婆は引退)

ポストMBAへの憐憫(終)

この記事はポストMBAへの憐憫1からの続きです。

自分で書き始めておいて言うのも何なのだけど、
日々書きたいことがあるので、機を逸するとこういうシリーズものはなんか書きたくなくなる。
しかし言われた直後に書くと、煽っている以外の何者でもないので、難しい。
結局言いたかったことは1で集約されているかもしれないけど、
それだと、「かわいそうなMBAのプライドにまみれた人」に思われそうなので
まぁ最後に少し自分なりの解決方法みたいなのを書いておく。

Continue reading “ポストMBAへの憐憫(終)”

ポストMBAへの憐憫2

この記事はポストMBAへの憐憫1からの続きです。
前回キャリアを見栄えに求めるのは本質的ではない、的観点をご紹介し、
それでもなお、自分自身の中に「でも皆さん一回はいいお給料もらってますよね〜(細目)」的な気持ちが湧いてしまう点を述べた。

まぁ単なるひがみと言えばひがみなのだが、
しかし私もむしろ、「見栄えのいいキャリアを下りたい方」がうらやましがるほど、
自らの意志で海外現地採用の道も、スタートアップでの仕事も選んできたにもかかわらず、
何が満たされていないことによるひがみなのかな?と単純に疑問を思った。

「キャリアを下りた人」と「キャリアを上ったことのない人」の間にある溝。

Continue reading “ポストMBAへの憐憫2”

ポストMBAへの憐憫1

この記事は少し長くなると思うけど、丁寧に書きたいと思うので、
2〜3回に分けて書きたい。

「MBA後のキャリアというのを期待されすぎて偏った「キラキラした」職業
(コンサルや投資銀行、外資大企業)に求め、
かつそういったところで馬車馬のように働いて、
ワークライフバランスを失うことや、follow your heartでなくなるのは、
本質的ではない。」

通称:「ポストMBAへの憐憫」とでも言おうかと思うが、
こういった風潮は多かれ少なかれ世の中あると思うし、MBAだけには限定しない。
わりとこのブログを読むような方は賛同するのではないかと思う。

Continue reading “ポストMBAへの憐憫1”