没頭の話を反芻する

「没頭できる仕事をしたいと思っていれば、きっと来る」
と言われたのはこのときだった
去年の10月というのは頗る色んなことがあった時期で、
そしてこの最初の前半を読むと、その予感をポジティブに受け入れようとしている自分にえらく感激するわけだが、
それはさておき、上記はそんな頃にお会いしたとある大御所ヘッドハンターさんの言っていたことだ。
「結局没頭して働いたやつにはかなわねぇんだよ」
というようなことを、IMDの真裏にあるLe Jonqueというどうでもいい中華料理屋で
語っていただいたのは記憶に未だ新しい。

Continue reading “没頭の話を反芻する”

Advertisements