笑ってた一年

今年。(だってこっちはまだ今年だから)
さっき一つ気づいたことがある。
そういえば、一度も日本に帰らなかった。
もちろんいいことだって言ってるわけじゃない。ただ、それだけ。来年は絶対帰るけんね。
モザンビークの朝日
sR0019327_20130101053151.jpg

Continue reading

Advertisements

近況写真

何を書いてもイマイチなときは、とりあえず写真。
今は帰省中の友達の家に、勝手に居候させていただいており、本当にかなり勝手にやっている。
いつも思うけど、こうやって海外浮浪者生活が成り立つのは、ほんとツテ。
そんなわけで、こんなものの近くに住んでいたり(一時的に)。
sIMG_9962.jpg
こんなのも見える。
sIMG_9977.jpg

Continue reading

kosuショックから考える

タイトルからしておちゃらけているだろう!と言われそうですが(すいませんkosuさん。。。)
おそらくclass of 2012/13という名のもとのMBA生ブロガーにおいて、
金字塔的存在!?のこのブログが終わってしまうそうです。
いやはや、色々ご事情はあるのだろうかと推察いたしますが、
ほんと、卒業なんだな、という気がするわけです。
sbouquet2
昔花屋をやめるときにもらったブーケ

Continue reading

新しいアンダーグラウンド

というわけで、一週間前にローザンヌを出て、故郷?であるシンガポールに帰ったり、
ベトナムでトランジットしたりしながら、「次の場所」に来た。
注意深い人はもしかしたら気づいているかもしれないけど、
一応、あんまり公には次の場所がどこの都市なのかは言っていない。
ヨーロッパのどこかではあるけど、私にとってはまだそこはその街じゃなくて、
なんというのか、空想の世界、それはまだ「僕らの地下通路」の中にある。

Continue reading

男児二人

引き続きシンガポールにいる。
友達と会ったり、ぷらぷら街をひたすら歩いたり。
本当にこんなに自分がこの街になじんでいたとは知らなかった。
ローザンヌやIMDの全てが消えてしまいそうで、
ずっとMaroon5とか最近聞いてた音楽を耳に流し込んで、なんとかこの一年があったことを、
自覚しようとしている。

Continue reading

長い夢

シンガポールについた。
今まで通りの生暖かい風。青空。大雨。迎えてくれる友達。いつまでも開いているお店。
まるで一年いなかったなんて嘘みたいで。
いや、それどころか、ローザンヌにいた自分なんて消えてしまったような。
最初から私はここにいて、mbaなんて行かなかったんじゃない?
友達に今朝送ったメールを思い出して、
いったいなんであんなことが言えたんだろう、と思った。
今この国に戻ったら、それはあまりに無防備で大人げなくてありえない恥ずべきことにしか思えない。
ふと、あの家の部屋に今でも窓から明かりが差し込んで静かなのか、
ふと、あのdungeonのブラインドを開けたら、レマン湖は今この瞬間も見えるのか。
ふと、あの公園の脇の道を通ったら、今日も凍えるような寒さなのか。
確証は何もない。あの一年は、ただの長い長い夢だったんじゃないのか。

最後の夜

昨日は少し晴れたのに、
また最後の夜、雪が降っている。
明日の朝、ここを去る。

大好きなものの手を離す瞬間って、
なんであんなに辛いのだろう。
まるで指先が今もその瞬間を忘れないかのごとく。
北京へ行く直前、こんな日記を書いていた。
----------—-
ありえないくらい多くの人に門出を祝っていただき、
本当にありがたい、
そしてそういう仲間との別れとは本当に辛いものだな、
とひしひしと感じました。
ね。
でも、きっと何か大きな流れの中で、
もう中国へ行くことも、今会社をやめることも、
これは抗えないモノなわけで。
しばらくどんなにさびしくても、
戻りたくても、
がんばらずに、この流れに身をまかせてみようと思ってます。
まぁ、うさぎじゃないんだから、
さびしくて死ぬわけじゃないし。
代わりに、みんなにしつこくメールを書くよ。
最後に、電報作戦とプレゼントのニット帽に、
ぼろ泣きしました。
帰ってきたら、またみんなで飲もうね。
---------------—-
でもあのとき、うさぎになってしまうほど、
寂しかった。
さようなら、静けさが生々しいほどの街、ローザンヌ。