INSEAD infomation sessionに参加

いわゆる学校説明会というやつでしょうか。
もう眠りたいんだけど、やっぱtwitterでどれだけつぶやいても
興奮が収まりきらないので、書いちゃおう。
はじめてINSEADに行ってきました!!!(シンガポール住んでるくせに)
しかも、ここ超来てたじゃん、自分。
なんと私がはじめてPOをゲットしたお客さんのはす向かいだ(笑)。
構成としては、
簡単な学校の内容の説明

30分くらい?の模擬授業(PEについて、でした。)

キャリアサービスや奨学金、アドミッションについての説明、質疑応答

現在の生徒の紹介と質疑応答

ネットワーキング
こんな感じでした。

Continue reading

Advertisements

kick off MTG

というわけで、
ワタクシはRound Oneというカウンセラーを使っているのですが、
「1月はいったし、GMATも受けたみたいだから、キックオフミーティングしよーぜ!」
とのお誘いを受け(?)
本日朝7時ー。
早い・・・・・。眠い・・・・。
まぁ普段も起きてる時間ですが、朝からミーティングって緊張します、さすがに。

Continue reading

ネパール準備

ネパール準備をそろそろせねば、と思い。。。。
ありえないですねー、勉強しないでせっかくの旧正月(ほぼ1週間休み)を
ネパールに費やす受験生って。
ま、私にとっては、脳みその空気を入れ替えるのが一番必要なことなので、
こればかりはどうしようもありません。
さて、今回はそうはいっても、あまりアドベンチャーなことはしないように、
と肝に銘じているので、どこへ行こうか、物色してみました。

Continue reading

Diversityについて

MBAの一つの魅力として「diversity」をあげる人が多い。
また一方で、英語のインタビューが・・・ミーティングが・・・苦手、という方も多い。

Diversityという言葉は確かに魅力的で、私もその一人である。

けど、本当のDiversityっていうのは決して、色んな国からきたみんなが英語で話せて意思疎通をナチュラルに楽しくする
ことが目的なわけではないと思う。

むしろ、全くDiversityというものから離れた人々と、どうやって交わって行くのか。
これが、Diverisityを教育に取り込むことの最大のポイントではないかと思う。

現実世界では、英語がぺらぺらで誰とでも話せますなんていうのは、エリートさんなだけであって、
そうでない人とのコミュニケーションの方がはるかに多いはず。

そして最も難しいのはそういうコミュニケーションだ。
どれだけシンプルに、的確に伝えるか。

って、いっつもべトナムで思うわけである。続きは最初に考えた英語版。

Continue reading